fbpx
 

「NEUTRANS BIZ」がある日常って?活用シーンをよりイメージできるような新しいPVを公開しました

「NEUTRANS BIZ」がある日常って?活用シーンをよりイメージできるような新しいPVを公開しました

2020年4月20日に、「NEUTRANS BIZ」の新PVを公開しました。
今回もビジネスデベロップメント、カスタマーサクセス、デザイナーチームがアイデアを出し合い、すべて社内で制作した力作です。

今回のリニューアルの目的は2つ。
●VRを体験したことがない方にも「NEUTRANS BIZ」を理解してもらう
●「NEUTRANS BIZ」があらゆるビジネスシーンで活用できると知ってもらう

徹底的にわかりやすさにこだわり、「VRがあったら毎日のビジネスシーンはどう変わるのか?」を想像しやすいように工夫しています。

ビジネスデベロップメント・八木より、今回のPV制作に込めた思いを語ってもらいましたので、あわせてお読みください。

【PVに込めた思い】
展示会や弊社へのお問合せでお客様と接する中で、「VRを体験したことがない方にもNEUTRANS BIZを理解してもらうこと」の必要性を感じました。VRを体験したことがない方は「どうしたらVR空間に入ることができるのか」「NEUTRANS BIZの中では何ができるのか」が全くイメージできていないんです。
その課題を解決するため今回のPVではリアル空間とVR空間の映像を交互にし、VR機材を装着するとアバターとなり、VR空間に入ることができることを表現しました。さらに自分の動きとアバターが連動して、空間に文字を書いたり、プレゼンテーションを行えたりと様々なビジネス活動ができることを訴求しています。

また、ありがたいことに最近は「NEUTRANS BIZ=VR会議」と認知して頂ける機会も増えてきました。確かに会議は「NEUTRANS BIZ」の代表的なユースケースではありますが、それ以外にもセミナー・研修・商談・展示会など、ビジネスにおいてコミュニケーションが発生するあらゆる場面で「NEUTRANS BIZ」を活用することができます。3Dモデル、360度画像共有、空間を自由に使える3Dペンや付箋機能を有効に使うことでリアルを超える体験を生み出すことも可能です。
今回のPVでは会議シーン以外の様々なビジネスシーンでの活用や様々な機能の紹介をしていますので、「NEUTRANS BIZ」の利用シーンの幅の広さを感じていただき、自社での活用イメージを少しでも持っていただけると幸いです。